女のワキガの割合はどのくらいなの?

女のワキガの割合はどのくらいなの?

ワキガの割合を男女比率で見ると6対4
6が女性。
4が男性です。

 

また、人間そのもので見た際のワキガ率は10%
すなわち100人に10人10人に1人という事になります。

 

上記で単純計算をすると以下のようになります。
100人いたら10人がワキガ。
10人の割合は6人が女性で4人が男性。

 

こういった形ですね。
※あくまで単純計算です。

 

ワキガにはメリットがない。

ワキガには一切メリットがありません。
ワキガの女性は特殊な性癖を持った男性にはモテるかもだけど(汗)

 

男性の9割以上が【臭い女は無理】と答えているアンケート結果がありますし、そもそも男性でなくとも、女友達でも良い顔はしないでしょう。

 

私もワキガだったのですが、夏場は特に友人からも避けられているような気がしていたし、異性の友達になんて近づきたくもありませんでしたし、彼氏からもメチャクチャ嫌味を言われていました(泣)

 

ワキガは治るんです!

ワキガは遺伝だとか言われる事もありますが、ワキガは遺伝ではありませんし、ちゃんと治すことができます。

 

実際、私もワキガでしたが、ワキガの対策グッズを使って、今では全く臭わなくなりました。
よく手術で汗腺を切ってしまえばワキガはすぐに治ると言いますが、手術は辞めた方が良いです。

 

ワキガの手術によるデメリット
手術費が高額
傷あとが残ってしまう
再発の可能性がある

 

実際私の友達もワキガの手術をした人がいますが、手術を受けた翌週にワキガが再発して「お金を使って傷が残っただけだった」と後悔していました。

 

全員が全員再発するわけではないし、即効性を考えるとワキガの手術はとても革新的ですが、なんせリスクの方が多すぎて私は受ける気は起きませんでした。

 

後悔する人を減らしたい!

実際、色んなワキガ対策グッズの口コミを調べて、色んなものを使ってきて思ったのが、【当たり外れが多い】という点です。

 

やっぱり自分で経験しないとわからないもので、ハズレグッズを使っては後悔してきました。
だからこそ、当たりだったワキガ対策グッズを周囲に教えてあげれば、それだけ後悔する人を減らせるかもしれないと思って立ち上げたサイトです。

 

当サイトでは、実際にワキガに効果があったワキガ対策グッズしか掲載しない事を誓います!
是非同じ悩みを持った人たちのお役に立てれば幸いです♪